白鶴美術館2021年秋季展プロモーション動画

白鶴美術館の2021年秋季展にあわせ、館内外で上映するプロモーション動画を作成しました。会期前から会期中に掛けて館のウェブサイトに掲載されるほか、会期中は1階展示室入口にある休憩スペースで公開中ですので、ぜひご覧ください。

3Dスキャンを使い、形状の面白さを立体で見せる

白鶴美術館2021年秋季展プロモーション動画

今回の映像では数ある展示品の中から方卣を取り上げ、展覧会のコンセプトである丸と四角の協調からなる造形美を紹介します。一つの立体造形物の中でいかに丸と四角が融合し、また個性を表現しているか、それを伝えるには3Dであらゆる角度から迫ることが必須なのではないかと考え、サビアでは3Dスキャンを実施しました。複数の高性能カメラを使い、方卣を数度ずつ全周撮影。映像の節々で方卣を回転させ、二つの形状が生み出す特異なシルエットを提示しています。

白鶴美術館2021年秋季展プロモーション動画

また、全体のシルエットのみならず、各部の曲線や直線にも文字通りスポットライトを当て、その見どころをピックアップしました。あわせて、青銅器に刻み込まれた文様にはいったいどんな意味があるのか、作者はいったい何を造形しようとしたのか、そういった関心に火をつけるようなコピーを提示しています。
全体像に面白さを見出し、表面の精緻な造形に感嘆する、本作はそんな楽しみ方を提案する映像になりました。

白鶴美術館2021年秋季展プロモーション動画