株式会社サビア

図面・地図・資料のスキャンやデジタル化は株式会社サビアにお任せください!大判サイズや規格外サイズ(A0・B0以上)も経験豊富です。

サビアは大判サイズの経験が豊富です
設計や建築の図面、地図や資料など各種対応可能

サビアではこれまで多くの文化財の絵画、図面、資料、生地をスキャンしました。その中には、規格外の大きなサイズのもの、劣化の激しいもの、折り目や反りが相当あるもの、裏面が透けて見える薄い紙に両面文字が記載れているなど、非常に難しいデジタル化を大量に行ってきました。サビアではこれらの知見を活かし、設計図面などの大判図面のスキャニングサービスを提供しています。建築図面、重工業の設計図面、地図など大きな図面のデジタル化でお困りの方は是非サビアまでお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

サビアの高性能スキャナーが
大判サイズのデジタル化を解決します

大判図面のデジタル化においては、規格外の大きなサイズ(B0、A0以上)の被写体や製本部分、折り目、反り、シワなど平坦でないこと被写体の撮影が困難であるなど、さまざまな問題があります。サビアのスキャニングサービスは大判図面撮影の様々な問題に対応して、高品質画像を提供しております。以下は、大判デジタル化の問題点とサビアスキャニングサービスによるソリューションです。

大判図面のデジタル化の問題点:A0・B0サイズ以上の大きな図面をデジタル化できる機材が少ない。
サビアスキャニングサービスなら……

サビアスキャナは被写体の大きさに合わせて変幻自在に調整可能です。これまで一番大きな被写体は16.5m x 6.5mです。通常のスキャナでもおおよそ1.8m x 2mのデジタル化が可能です。

製本部分、折り目、反り、シワなど平坦でないことでデジタル化が難しい。
サビアスキャニングサービスなら……

ラインセンサ(スキャナの入力センサー)や光源の角度調整を行い、折り目、製本部分、折り目、反り、シワなどに余計な影をつけずにデジタル化が可能です。

破れや剥がれなどの劣化部分の反りやシワなどをアクリル板などで押さえてのデジタル化が難しい。
サビアスキャニングサービスなら……

非接触スキャンなので、アクリル版を使わずに、劣化部分にストレスをかけることなくデジタル化できます。

画像の解像度が低く、レンズ収差も多く、高画質のデジタル化が難しい。
サビアスキャニングサービスなら……

サビアスキャナはラインセンサーの特性を活かしてレンズ収差の少ない画像を入力できます。また独自のLED照明とカラーマネジメントソフトで低色差(ΔE2.0以下)を実現しています。

大判図面は大きいため撮影場所探しが大変。
サビアスキャニングサービスなら……

サビアの本社アトリエにはスタジオがございます。広いスペースで安全にデジタル化できます。または、お客様の施設への出張スキャニングも可能です。

大判図面の画像データは非常に大きくなるため、通常の画像処理ソフトで表示するにも時間がかかる、また、画像の共有なども容量が大きいため大変である。
サビアスキャニングサービスなら……

サビアのArt Picksは、高精細画像の配信・表示・保存ができるクラウドサービスです。その特長のひとつは、大容量を問題にしない軽快な操作性です。大判画像にも活用いただけるクラウドサービスです。

お問い合わせはこちら

サビアのスキャンは絵画など文化財のみならず、
建築図面・設計図面・地図など各種資料でも豊富な実績があります

  • ジョサイア・コンドル図面(京都大学蔵、三菱地所設計蔵)
  • 「日本西洋建築界の父」と称されるジョサイア・コンドルの設計図面28件468枚(京都大学蔵、三菱地所設計蔵)をスキャンするプロジェクトにご協力しました。
  • このプロジェクトの詳細を見る
  • 京都府立総合資料館プロジェクト
  • 2011年の2月から3月にかけて、京都府立総合資料館が所蔵する貴重な資料のデジタル化を行いました。スキャン対象となるのは、国宝・重要文化財も含む大型絵図・行政資料・古文書、文献資料等、約150点800枚です。
  • このプロジェクトの詳細を見る
  • タイタニック図面(南アイルランド国立博物館蔵)
  • 2012年1月24日から2月23日にかけて、タイタニック号設計図の保護・保存・活用を目的としたデジタルアーカイブ化を実施しました。対象は詳細な設計図、製造情報、生産の詳細、記録・計算図など。スキャニング点数192点、スキャニング回数も2029回に及び、蝋引き麻布、トレーシングペーパー、紙、カードボード、青写真など素材も様々でした。
  • 国立公文書館での歴史公⽂書スキャンプロジェクト
  • 独立行政法人国立公文書館にて、特定歴史公文書などのスキャンを行いました。スキャン対象となるのは「内閣文書」と呼ばれる古文書の内の「日本文国図」です。
  • このプロジェクトの詳細を見る
お問い合わせはこちら

撮影対象やお客様のご事情にきめ細かく対応します
アートスキャンサービスの流れ

1お見積り

被写体の種類、数量、スキャン現場状況などをお伺いします。下のフォームからお気軽にご相談ください。

2スキャン計画
及び準備
  • スキャン現場、被写体の状況、数量、制約条件などを鑑み、安全でベストパフォーマンスの計画およびスキャナー機材を準備します。
  • 目的によっては近赤外線スキャンなども準備します。
3スキャン
  • お客様のご指定の場所への出張スキャンができます。
  • 弊社へ持ち込みスキャンも可能です。
  • スキャンは安全、高品質、スピーディーに行います。
4画像処理
  • スキャン後、カラーマネジメント処理を行います。
  • 画像結合処理も行います。
5納品

スキャンデータを必要な形式(JPEG、TIFF、PSDなど)でお渡しします。複製印刷も承ります。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ内容

ご依頼内容
作品サイズ
cm 横 cm

※作品が複数の場合は備考欄にぞれぞれのサイズをご記入ください。

作品点数
作品情報(使用素材など)
ご利用用途

※解像度指定の場合は備考欄に記載をお願いいたします。

入稿形式
ご希望納期

お客様情報

お名前
企業名
ご住所
メールアドレス(半角)
電話番号(半角)
弊社を知ったきっかけ
弊社実績への掲載可否
備考(ご希望やご質問等)