SABIA

株式会社 サビア

スキャニングサービスについて

サビアについて

2007年に京都大学井手研究室で開発されたスキャニング技術をベースに起業し、スキャナの開発・販売、文化財や絵画などのスキャニングサービス、デジタルデータの活用のためのシステム・ソフトウェア開発などを行っております。

 

文化財用のスキャナを使用し、高精細高品質かつ色再現性の高い画像を取得でき、高品質な印刷に適しています。

スキャニングでは、デジタルアーカイブ、復刻印刷、複製画、レプリカ作成など、用途に応じた最も適したサービスを提供しております。600dpiから14000dpiの世界最高水準の解像度での高精細スキャンが特徴で、一次データにこだわりデジタル化後の色修正を必要としない高い色再現を可能としました。

絵画、掛け軸、襖絵、古地図、また壁画などの大きな対象物の撮影や、透過スキャナを用いてガラス乾板の撮影なども可能です。

 

文化財や美術品の形状や画像の用途別に最適なデジタル化を行うため、多種多様のスキャナをご用意しており、ご要望に応じて、出張スキャニング、縦置きスキャニング、赤外線(IR)撮像、可変レール使用による超大型被写体スキャニングも可能です。

 

 

主なスキャニング実績など

 

仁和寺観音堂:観音堂内部の障壁画や仏像を撮影。

       2018年1月に国立東京博物館で開催される仁和寺展では、観音堂内部の再現に協力。

知恩院:襖絵や壁画など、約100点を撮影。

和歌山県太地町:国立国文学研究資料館にて絵巻を撮影。

京都大学附属図書館:重要文化財であるジョサイア・コンドルの建築図面や、中井家文書(江戸時代の古地図)を撮影。

ブリヂストン美術館:所蔵作品多数を、近赤外線を含む様々な方法で撮影。

ローリック美術館(アメリカ):所蔵作品全点(約250点)を1000dpiの高解像度でデジタル化を実施。3週間かけて撮影を行い、壁にかけたままで撮影するために縦型のスキャナを設計。

北アイルランド国立博物館:タイタニック号の図面約130枚や、その他関連資料50点について、最高で5000dpiの超高解像度で撮影。

沖縄県公文書館:B0サイズの戦前の地積図約1000枚を600dpiで撮影。

京都府立総合資料館(歴彩館):東寺百合文書など、国宝、重要文化財を含む、約150点800枚のデジタル化を実施。

京都大学総合博物館:御土居絵図を撮影。デジタル文化財閲覧システムを利用しデジタル展示を実施。

スキャニングサービスについて

 

スキャニングは弊社本社、もしくは東京スタジオへのお持ち込みも可能です。下記のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

本社

〒606-8305

京都市左京区吉田河原町14番地 京都技術科学センター本館1階14号室

 

東京スタジオ

〒101-0061

東京都千代田区三崎町2-20-4 八木ビル5F

お問い合わせ先

お問い合わせ種別*
ご氏名*
お電話番号(半角)*
E-Mail*


(再度入力)
ご連絡方法*
お問い合わせ内容*
 

本  社     〒606-8305

       京都市左京区吉田河原町14番地 京都技術科学センター本館1階14号室

       TEL: 075-762-5600 / FAX: 075-762-5601

 

東京スタジオ 〒101-0061

       東京都千代田区三崎町2-20-4 八木ビル5F

| プライバシーポリシー|

copyright©2016 SABIA Inc all rights reserved.